水道の修理は専門の業者へ

水道の修理は専門の業者へ 日常生活で間違いなく毎日使用する水道が故障してしまうと、それだけでとても不便になってしまいます。いつもは当たり前のように使っているからこそ、何かしらのトラブルが起こった際には慌てず、修理するよう行動するべきです。故障の内容によってはご自身で直す事が出来るかもしれませんが、業者にお願いする方が確実ですし、手間がかかりません。

■水道にあるトラブルの例

水道に関するトラブルの例としては、やはり水漏れと詰まりが主ではないでしょうか。中でも詰まりに関しては日常的に起こる事も珍しくありません。例えば、トイレやバスルームの排水溝が詰まってなかなか流れない、水が溢れかえってしまうといったトラブルはよくあるケースです。詰まりに関しては水に溶けづらいものや大きなものを流した時に起こりやすいですが、場合によっては物件の排水管が古く、利用者が何もしなくても詰まってしまう例もあります。水漏れはもちろん、詰まりに関しても生活する上で不便になってしまいますので、水道のトラブルは早めに業者へご相談される事をおすすめします。

■水のトラブルをDIYで解決
水まわり、水道のトラブルは状況によってDIYする事が可能です。例えば目に見えるパイプのつなぎ目から水が漏れていた場合、テープを巻いたり、コーキング材で破損箇所を埋めたりする事で応急処置になります。しかし注意しなければならないのはあくまでそれは応急処置に過ぎないという事です。経年劣化などが原因の部品の故障であれば、部品そのものを交換しなければ根本的な解決になりませんし、いずれ悪化したり他の箇所にもトラブルが起こってしまったりする事だってあるでしょう。一時的に対処するのは良いですが、その後にしっかりと業者へ依頼し、部品を交換するなどしっかり解決する事が大切です。

■水漏れ時にするべきこと

水道の不具合により水漏れが起こった時、水による被害が広がってしまわないように対処する必要があります。キッチンやトイレ、バスルームのどこであっても、水が流れ出る元を止めれば、それ以上被害が広がる事はありません。まず、水が漏れている事を確認できましたら、止水栓を閉め、水が漏れてしまわないようにします。各水まわりには必ず止水栓があります。ここを閉めないでいると、ずっと水が漏れ出してしまい、集合住宅の場合には階下にまで被害が及んでしまうかもしれません。それで壁紙がふやけたり、家電製品が壊れてしまったりした場合、さらに被害が拡大してしまいます。業者に依頼した際にも電話で止水栓を閉めるよう指示があるかもしれませんが、水の漏れ具合によっては自宅の中が水浸しになってしまいますので、水漏れが確認できましたらすぐに止水栓を閉める事をおすすめします。

■まとめ
普段からどれだけ丁寧に水まわりを使用していたり、こまめにお掃除をしていたりしても、部品に経年劣化が起こってしまうと、いずれ不具合が生じてしまいます。それは水道に限らず、例えば家電製品にも同じ事が言えるでしょう。しかし水道の場合、常に水に触れている事、水温の上下によって膨張や収縮を繰り返す負担など、様々な要素によって部品が弱くなってしまいます。故障するのは仕方がない事なので、大切なのはいかにその後、素早く修理に移れるかという事です。水道なら命に関わる事はないでしょうが、給湯器であれば不完全燃焼による一酸化炭素中毒などのリスクもありますので、トラブルは軽視できません。水まわりのトラブル解決は修理にお金がかかってしまいますが、業者に依頼するとスピーディかつ確実に直して頂けますので、もし水まわりのトラブルが起こった際には慌てず連絡してみてはいかがでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース